ミュンヘンでのフリーマーケットのシーズンは、実際に聞いたことがない, 年間を通じて良好なビジネスを作るためのバーゲンハンターとアンティーク愛好家のための機会があります.
しかし、それは最終的に朝再び美しく、太陽が早くから空にあるとき, その後だけは本当に屋外楽しくなるブラウズ. テレジエンヴィーゼに大きなフリーマーケットに加えて、, 春祭りのコンテキストで行われます, いくつかの他の方法はもちろんあり, 売買とたくさんの楽しみを作るために.

これらの一つは、リームにおけるフリーマーケットの経験です. 彼は、ドイツで最大のフリーマーケットの一つである, バイエルンでは、彼は彼自身の状態を越え蚤の市で当然最大のオープンスペースを呼び出すことができます.
中 6 午前中にクロックまで 16 午後にクロックが値切り、ここで取引される, 狂ったように. もちろん、それは価値がある, 早起きをする, あなたは、特別な情報を確認したい場合. 終了間際に来る人たちでさえ、それらの, もう一度機会を持ってい, 非常に少しのお金のために素敵なものを購入する, 売り手はもちろん可能故郷限り少しを取るため.
取引は、商品のすべての種類のここにある, アンティーク, セカンドハンドの服, CDの, 図書, 楽器とはるかに、あなたは購入することができます.

WERは、すべてのことについて. 1000 オブジェクトを見てみたい, 強化するため当然のニーズとの間に. この持ち帰り飲料カートが用意されてい – 誰もここで空腹やのどが渇いて行かなければならない. 快活なお城は、小さなもののための娯楽を提供しています, そう散歩とママとパパが邪魔されずに見ることができます.

用語: ほぼ毎週土曜日, (すべての日付は、フリーマーケットの公式サイトで入手できます), フェアグラウンズ 1 リームで. 始まり 6 Uhr, 終わクロック6 Uhr